硬水飲用時の注意点

飲水には独特の味の水もあります

  • トップ /
  • 飲水には独特の味の水もあります

飲水は硬水と軟水で味が違う

飲水は全て同じ味がすると思われがちですが、実は採水地や種類によって全く味が違います。なので飲水によって飲みにくさを感じたり甘くて飲みやすいと感じたりします。飲水は大きく分けて硬水と軟水に分けることがえできます。水一リットル中に含まれる、マグネシウムイオンとカルシウムイオンの量を表す硬度が高いと硬水、低いと軟水と呼ばれます。特に硬水は独特の味がすることから飲みにくさを感じる人も少なくありません。独特の味というのは、口当たりの硬さや苦みを感じるというところにあります。日本の水道水のほとんどは、日本人の身体に合った軟水ですし、私たち日本人が慣れ親しんてきた水は軟水がほとんどです。なので、いざ硬水を口にすると独特に感じますし、なじみがないため体に合わないと感じることもあります。硬水自体はデトックス効果があったり代謝の促進、脂肪の吸収抑制といった効果が期待できますが、胃腸に負担がかかったり下痢になる恐れがあるといったデメリットもあるため注意が必要です。ひどい便秘があるという場合には硬水を選択すると良いでしょうが、特に体の不調がない場合には飲みやすい味の軟水を飲水として選択するのが望ましいでしょう。

↑PAGE TOP